教員採用試験体験記

体験記を随時募集しております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 11’神奈川高校英語 | main | 12'横浜市・小学校 >>

12'横浜市・中学高校特別選考供国語

・ 受験地・校種・教科
横浜市・中学高校特別選考供国語


・ 情報収集方法         
インターネット、臨任でお世話になっている職場の先生方や管理職の方からの話
                 
・ 学習スケジュール
平日は、臨時任用で高校に務めているので、仕事が終わってから帰り道にあるモスバーガーで毎日少しずつ勉強してました。
土日は部活のある時は学校の静かな職員室で、とくに何もない時は近所の図書館で。


・ ストレス解消法
遊ぶ時は遊ぶ!メリハリをつける!
あとは少ない時間でも毎日やること!通勤時のバスの中なども、無駄にしない!


・ 効果のあった勉強法
ノートにまとめること


・ 願書を書くポイント
いろんな人に見てもらって、とにかく丁寧にかく、違う書き順で書いていると字のバランスも悪くなるので、正しい書き順でかく。


・ 自己PR書を書くポイント
強調したいところは太めのペンにする。
あらかじめ鉛筆でうすく線を引いて罫線にそって書いていく。
これも、いろんな人に何度も見てもらう!


・ オススメ参考書
中学校新学習指導要領の展開国語科編 河野庸介編著 明治図書

論作文完全攻略 共同出版

2013年度版 教員採用試験 面接試験、場面指導の必修テーマ100 実務教育出版

2013年度試験完全対応 教員採用試験 速攻の時事 実務教育出版

・ 1次対策、2次対策
筆記(特別選考なので指導案作成)
いくつかテンプレートを作っておき、時間内に書き上げられるように何度も練習する。
指導案の形も、特に指定はされないので、今、求められている指導案をしっかりと勉強して、特に横浜市は独自の学習指導要領があるので、それをしっかりと勉強すればいいと思います。
あとは、インターネットで調べると様々な研究校の指導案がのっていたり、文科省のホームページにも色々な情報がのっているので、参考にするといいと思います。わたしはどんなテーマでも対応できるスピーチの授業の指導案にしました。どんな授業でも、言語活動はしっかりとやることを意識しました。今年のテーマが、「自主自立、協同の精神を育むことのできる授業」だったので、準備していたものをそのままそっくりあてはめることができました(o^^o)ただ、一つ想定外だったのが、解答用紙が、A3判両面かと思っていたのに、A3判片面だったことです。両面のつもりで準備していたので、字を小さめにして、省けるところを省いて、、、と当日変更したこともありました。定規を忘れると貸してもらえないのでつらいと思います。


論文
論文はテーマがたくさんのっていて、そのテーマに見本の論文とその論文を添削した文がついている、参考書を一冊買って、論文を書くコツやポイント、ダメな例などをしっかりおさえて、何度も書き直しました。
これも誰かに見てもらうのがオススメですが、わたしは見てもらわなかったです( ; ; )見てもらえるまでに完成度の高いものができず、直前にいくつかのパターンを仕上げて、ポイントを抑えていたので、どのような評価をされたかはわかりませんが、自分ではしっかりかけたと思ってます。とにかく、構成に注意して、何がいいたいのかを明確にして、ほどよく自分の体験をおりまぜて、それを根拠に今後につなげられるようにまとめるのが大切かと思います。今、求められている教育を抑えておくことが大切です。


二次対策は、ここの対策講座に一度参加し、いろんな人の模擬授業をみたり、面接練習をしました。とても充実した時間を過ごすことができ、有益な情報を得ることもできました!


模擬授業
模擬授業は対策講座で教えていただいた昔の出題テーマを参考に、いろんなパターンに分けたり、何種類か授業パターンを作ったりしたのですが、
結局今の職場の教頭先生と相談して、一種類にしぼることにしました。笑
わたしは三題だされるテーマのうち、道徳的なテーマにしぼり、なにがきても絵本の読み聞かせを行うための事前指導にしようと決めました。
横浜市は特に今、小中連携に力をいれているのでそこもポイントとして、中1が小1に絵本を読み聞かせる合同授業が後日に迫った事前学習を考えました。台本をつくり、ほとんどの動きを決めて、その授業で何をやりたいのか、どんな力を伸ばしたいのか、前時までの復習と本時の見通しをたてさせる、ということをポイントにおき、導入の五分間をやりました。
五分間しかないので、やはり導入が一番やりやすいと思います。
生徒役の人になるべく考えさせたり活動させること、教師役がずーっと話し続けないこと、が大切です。


幸いテーマが
よりよく生きる、熟語、枕草子


だったので、よりよく生きるを選び、百万回生きた猫の絵本を読む想定で授業を行いました。考えていた通りのことができたのではと思います。


集団面接
特に何も対策してません( ; ; )
模擬授業について聞かれたら何を目的にしていたかなど、しっかり答えられるようにしておくことが大切かと思います。


個人面接
面接ノートをつくっていくつも問答を書いておきました。あとは、前任の職場の先生に何度か練習していただきました。とにかく誰かに練習してもらって客観的にアドバイスをもらう!


場面指導
場面指導も、過去問を参考にいくつかのパターンを考えておきました。あとは、実践練習あるのみです。
個人面接と同じく前任校の職場の先生にみていただきました。とても恥ずかしいですが、やるしかないです。
生徒と目線を合わせるのが大切なので、もし、生徒が座っていたりしゃがんでいるようならこちらも腰を落とす。立っているのならそのままで。
心に寄り添った指導を心がけました。



・ 当日の流れ          
二次試験の当日の流れ
特別選考枠だったので、集合は三時ころでした。
関内にある朝日会館です。
待合室には集合時間の20分前ほどからしか入れません。
待合室にいたのは、16人。
二つのグループに別れて、個人面接、場面指導を先にやるグループと、模擬授業、集団面接を先にやるグループになります。
わたしは模擬授業からでした。別室に移動。その際、貴重品以外は持ち込めないです。机の上にアルファベットの札がおいてあり、授業中はAさん、Bさんと呼びます。紙と鉛筆があり、軽く説明を聞いたあと、発表順を割り箸を引いて決めます。
わたしは八人中七番目でした。
その後テーマが三題発表され、三分くらい構想のじかんでした。メモをしてよくて、そのメモは発表時見ることも可能です。
順番に授業を五分間でやって行くのですが、タイマーは手元にあり自分で操作するので時間をみながらできます。
行う前に、受験区分や名前とテーマなどを面接官の方に向かって告げるのですが!わたしはその時、思い切ってどんな授業を行うか、事前に設定を手短に説明しました。ほかにそんなことしている人はいませんでしたが、そのほうが、生徒役も採点する方もすんなり入れると思ったので。
自分の時間はとにかく緊張しましたが、大きな声で笑顔を絶やさずに、やることだけを考えていました。あとは準備してきたことをしっかりだしきる!
みんなの模擬授業が終わったら、そのまま横を向いて、集団面接です。
もうこの時点でぐったり。頭が回りません。質問はふたつでした。
・地域の人との関わり方で大切なことはなんですか
・保護者の方に信頼される教師になるために大切なことはなんですか
こんなかんじ。答える順番は前からと後ろから。
わたしはどっちも真ん中あたりでしたが、とにかく、みんな同じようなことをのべるので、今までの人の意見は尊重し、自分の考えを述べることをする。ちなみにわたしは、全然うまくしゃべれませんでした( ; ; )


そのご、個人面接です。面接官は二人。雰囲気のいいおじさん二人でした。ニコニコしていてリラックスできました。
聞かれたことは忘れてしまいました。ごめんなさい( ; ; )
でも、面接カードを参考に聞かれたような気がします。最後の場面指導は、


中学二年の担任をしているクラスの男子生徒八人くらいで、ボール遊びが禁止の中庭でボール遊びをしていたので注意をしたところ、三年生だってやってたじゃん!と言い返してきました。あなたならどう指導しますか?


というものでした。ややこし!
おもわず、間違えてきまいました。
はじめの第一声、ボールあそびしちゃだめだよー!と言ってしまい、間違えました、、、、( ; ; )と言ったら、面接官の方がとてもやさしくて、もう一度はじめからどうぞ。と言ってくれました。しかも、その時には面接官の方が、二年生のセリフ、三年生だってやってたじゃん!と言ってくれました。笑
結局二分間もたず、自己完結し、終わりました。と言い、終了です。


なんとも、すっきりしない一日でしたが、とてもわるかったと言えるものではなく、発表を見るまでは心配でしたが、しっかりと対策をすれば大丈夫なんだと感じました。
終了時刻は六時頃。ぐったりです。
          
以上です。参考になるのかわかりませんが、、、、
絶対に受かるぞ!という信念を持ち続け、頑張ることが大切です。
わたしは、あえて周りに絶対に受かります!って大口たたいておきました。その方が追い込めるし、くじけそうになった時に、そのことがひっかかります。がんばるしかないという気持ちになります。笑


目標に向かって頑張ってください(o^^o)
- | permalink | - | -
PROFILE