教員採用試験体験記

体験記を随時募集しております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 08’横浜市算数 | main | 10’東京都小学校 >>

08'神奈川県英語

教員採用試験二次に関する対策 神奈川・高校
〜(2008年・夏)の例から〜

合格者の授業
・熱意があり、授業の準備が万全である。
・生徒が答えられたら褒めるなど、生徒のことをよく考えながら授業を行っている。目線が一人ひとりに注がれている。
・生徒が活動する(何か書いたり・発言したり・考えたり・隣の人と意見を交換したり)する時間がある。
・(教科によっては黒板に貼る紙や、道具を用いるなど、印象に残る授業を行う。)

合格者の態度
・話し方に覇気があり、落ち着いているため、聞いていて安心できる。
・生徒に活動させる授業を行う場合は、机間巡視をする等、生徒の様子をよく見ている。
・明るい表情、態度で、元気がある。生徒への愛情が伝わってくる。
・身振り手振りがあり、聞き手を引き込む話し方をする。
・姿勢がよい。

合格者の生徒役
・他の方が授業を行っている時は頷いたり、メモを取ったり、積極的に授業に参加している。


不合格者の授業
・塾の授業。板書の計画がされておらず、流れが整理されていない。
・独り言、講義のような授業。生徒は聞いているだけ。
・言葉使いが雑。

不合格者の態度
・声が小さく、早口で聞き取りにくい。恥ずかしがる。
・生徒の方を見ていない。
・(また、立ち方がシャキッとしていないと誠意がないように見えます。)

不合格者の生徒役
・協力的でない、消極的である。


☆デジカメなどで自分が授業をしている様子を録画すると(結構恥ずかしいですけど)、改善点が沢山見えてきて大変勉強になります。


☆面接に関して…
ある程度は言うことを整理しておいた方が良いです。しかし、準備しておいた分だけでは対応出来ないようなつっこまれ方をされると思うので、その時はあせらず、自分の言葉でゆっくりでも真剣に絞り出す姿を面接官に見せて下さい。とにかく笑顔を忘れずに元気に自信を持って模擬授業を行うことと、神奈川の(横浜、川崎の)教師になりたいんです!!!!!と言う熱意を思い切りアピールすると印象に残ると思います。



英語面接に関して…
〜高校英語2008年の例〜
変更もあるかもしれませんが、参考まで。
 
・ 面接官3人(ネイティブ1人、日本人2人)

.優ぅ謄ブの先生が簡単だが少し長めの英文を2回読むので、それを聞き終わった後に繰り返す。5問。

日本人が英語で質問するので英語で答える。5問程度だったような気がします。ずみませんが、全部は覚えていません(涙)
 ・やる気のない生徒たちへの対応
 ・小学校英語活動に関してどう思うか
 ・高校時代一番嬉しかった思い出 

…など、日本語の面接の時に準備しておいた返答を、英語で言えるようにしておけばあまり問題ないと思います。 自信を持って、はきはきと答え、身振り手振りを入れてコミュニケーションをとろうとしている姿を面接官に見せるのが良いかと思います。
また、,亡悗靴討蓮∋邯各当日までCDやラジオ、ネットなどを活用して、リピートの練習をしておくと良いと思います。


ちなみに高校英語の模擬授業に関してですが、合格者の人は何かしらアクティビティーの様な、短時間で生徒全員が参加出来る様な時間を設けていました。ただ単語を書いた紙を黒板に貼るだけではなく、さらに何かしらの工夫が必要だと感じました。

また、短い時間ですので、よく考えると内容が中学レベルのものになりがちだと思います。あくまでも、高校生を対象にした授業であることを年頭に置かれた上で、行われた方が良いかと思います。

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









タイトル
PROFILE