教員採用試験体験記

体験記を随時募集しております。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

08’横浜市

簡単に試験内容をまとめましたので、来年受験される方の参考にしていただければ幸いです。

自治体:横浜市
受験区分:小学校
試験日:8月18日(月)
場所:みなと総合高等学校(実技、模擬授業・集団面接)、横浜総合高等学校(個人面接)
時間割(概要): 私の場合
(午前) 実技@みなと総合高等学校 ⇒(各自移動)⇒ 14:45〜 個人面接@横浜総合高等学校 *昼食は各自で済ませる。ほとんどが個人面接会場にて昼食 ⇒(全員で移動)⇒ 16:30〜 模擬授業・集団面接@みなと総合高等学校 *終了後解散。

※個人面接会場が異なるため、徒歩で移動しました。会場はクラスによって、3〜4ヶ所ほどに分かれていたようです。また、他のクラスでは試験の順番の関係で、模擬授業・集団面接を先に行ったところもあったようです。

<模擬授業・集団面接>
● 模擬授業
(テーマ)
郷土愛 / 電車の利用 / 平和

● 集団面接(学校関係者・PTA関係者と思われる方が交互に質問)
(質問)
・模擬授業ではどのようなことを伝えたいと思ってやりましたか?(学校関係者)
・10年後、教師としてどんなことを子どもたちに伝えたいですか?(学校関係者)
・普段コミュニケーションが苦手な子どもたちと接するときに、どんなことを心掛けますか?(PTA)
・学校と家庭との関係では、どのようなことが大切だと思いますか?(PTA)

(所感)
・私の同じグループの方の場合は、模擬授業でどんなことをやるのかすらよく分かっていない方(特に他県との併願者)も多く、あらかじめ準備して臨めば、大分アドバンテージはあると感じました。
・他の方の勧めもあり、あらかじめ同じグループの方とかなり仲良くなり、「模擬授業では助け合おう」と確かめ合いました。皆やたらと声などが大きく元気なのは良いものの、妙にハイテンションになってしまい、教師役が求めている発問の答えを中々出そうとしないようなケースがあり、私も含めねらいの見える授業に至らない方が何名かいました。意外なところで足をすくわれた感じでした。ねらいの見える授業が大切であるのは疑いがありませんので、これから受験される方には、‖召亮験者との話合いの段階で、「発問に対してはひねくれず、出来るだけ素直に答える」よう意識合わせすることと、△劼佑れた回答は上手にあしらい、出来るだけ早くまとめの段に進むこと、をお勧めします。(3分半という時間は極めて短いので)

<個人面接・ロールプレイング>
● 個人面接 *以下、思い出せる範囲で書いてみました。
(質問)
・(以前勤務していた民間企業での仕事に関して)どのようなことをしてきましたか?
・(以前勤務していた民間企業での仕事に関して)辛いと思ったことはありますか?また、その時どうやって乗り越えましたか?
・(子どもとの関わりに関して)どんなことをやってきましたか?
・自分で先生に向いていると思う点は何ですか?
・今の子どもは昔に比べて変わったと思いますか?

※教員志望理由に関しては、面接カードに記載されている内容をベースに、詳しい内容の説明を求められました。

●ロールプレイング
(設定) 私の場合
・授業中机間巡視していると、Aちゃんが教師から見られないようにノートを隠しています。どのように対応しますか?
(設定) 他の人の場合 ※終了後聞いた話
・Aちゃん、Bちゃんが授業中に言い争いをしています。どのように対応しますか?
・掃除で割り当てになっている体育館に行ったところ、児童に対して副校長先生が何か話をしています。どのように対応しますか?
・卒業式前日、卒業アルバムに、ある児童が「お前と会わなくなると思うとせいせいする」と別の児童に対して書いているのが分かりました。どのように対応しますか?

(所感)
・私が受けた面接では面接官2名が対応し、圧迫面接的な雰囲気は一切なく、終始かなり和やかな雰囲気でした。
・私の場合、あらためて教員志望理由や自己PR、自治体の志望理由を求められることはなく、面接カードに記入された内容に基づき、補足的な説明を求められました。
・面接後、他の受験者に聞いた限りでは、他県からの受験の場合、自治体の志望理由を聞かれたケースが多く、横浜市在住の方の場合は、(社会人の場合)社会人経験について聞かれたケースが多かったようでした。
お伊勢さん | permalink | comments(0) | -
タイトル
PROFILE