教員採用試験体験記

体験記を随時募集しております。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

12'横浜市・小学校

・ 受験地・校種・教科
 ⇒横浜市・小学校

・ 情報収集方法
 ⇒〇埃膾鼎寮睫晴颪如∋圓求める人材を聞き、対策を考えました。
  横浜市は人物重視だということが肌感覚で伝わってきました。
その場にいらっしゃる先生方の雰囲気をみてみるだけでも、その自治体の求めているものが何なのかわかります。
  個人的に質問する時間があったので、「模擬授業の時に小道具を持っていってもいいですか」とたずねたところ、「だめです」といわれました。どんな細かいことでもたずねてみると、イメージが湧くし、ずいぶんと心が落ち着きました。

  ∋圓龍軌薜儖会HPで、採点の配分を知りました。 
   一次試験の点数がどんなに取れても横浜市の二次試験のスタートは同じだそうです。また、2次試験の点数配分も出ており、個人面接40%、模擬授業&集団面接40%、小論文20%となっています。

  2I誘疑Π組合主催、臨任非常勤の先生のための採用試験講座に参加して、10人グループで模擬授業をしました。試験管には元校長先生も多く居られ、大変貴重なアドバイスをしていただけました。試験管の席から他の受験者の模擬授業を見たり、グループの人からのアドバイスシートもいただけたりしたことが、大変参考になりました。

  tossセミナーで、面接シートの書き方を教わりました。採用1〜3年ほどの先輩方からあたたかい励ましコメントをいただけたり、笑っちゃう失敗談(!?)も聞けたりして、緊張が少しほぐれました。


・ 学習スケジュール
 1次対策⇒約7ヶ月間。2012.1月〜1次試験まで。
  (2011に教員認定試験を受けたので、実質的には2011.6月〜、約1年間になります。)
     
 2次対策⇒仝朕楊明棔В祁遒烹渦(組合主催のもの)
      ⊇乎通明棔模擬授業:2回(組合主催&toss)


・ ストレス解消法
 ⇒寝ること、温泉に行くこと。
  だめなときは、ホテルに缶詰で勉強すること。
  セミナーに行って高い志の方とお会いすると漠然とした不安も吹きとんで、またやる気が湧いてきました。


・ 効果のあった勉強法
 ⇒ー治体の過去問を解いて、雰囲気をつかむこと。
   結構はやく売り切れるので、注意です。(1次対策)

  教育新聞の中の記事に、採用試験予想問題がありました。
   また、記事にはいろいろなヒントが詰まっています。
   それを読んで、気になったことはスクラップして、なるべく自分の言葉で話せるようにしました。(個人面接対策)

  ハマアップや、tossランドに指導案が沢山あります。
   その中で、模擬授業に使えそうな(自分にも出来そうな)ネタをコピーして、ノートを1冊作りました。(模擬授業対策)

  じ什澡侈海靴討い覲惺擦寮萓犬法⊆業を見せていただいて、子どもたちにてき面の言葉をいっぱい真似させていただきました。

  tossの2次対策セミナーで、模擬授業のお題が沢山出ており、系統ごとに整理したら10くらいにまとまりました。脳内シュミレーションで練習していました。不安も解消されました。

  小論文は、600字詰めのマスノートを使って、組合主催の資料の中にある沢山のお題を1ページに1つ張り、1冊ノートを作りました。
  1日1つ書けるようにしました。文章としての形が整うまでは苦しいですが、整ったらとっても楽になります。最初は、本に載っていた例文の内容を似せていました。

  Г△詁、勇気を出して、校長先生に添削して頂きました。校長先生は、「今自分の目の前で起こっていることについて、現場の先生がどういうふうに対処していたのかを書いた方が説得力があるよ」とアドバイスしてくださいました。それからは、書くのがとっても楽になり、ますます、現場の子どもたちの様子や先生の指導の様子を観察できるようになり、自分の考えとしてアウトプットすることが出来るようになりました。


・ 効果のなかった勉強法
 ⇒特になし。


・ 願書を書くポイント
 ⇒字は精神状態が現れるので、気分が前向きの時に書くと、満足いく仕上がりになると思います。


・ 自己PR書を書くポイント
 ⇒正直に書くこと。


・ オススメ参考書
 ⇒協同出版の過去問


・ オススメホームページ
 ⇒教員ドットコム tossランド

・ オススメセミナー・予備校
 ⇒_I融垓疑Π組合主催の、臨任非常勤教員採用試験対策セミナー
   (これは、2012にはじめて行われたとのこと。普段大変お世話になっている。臨任非常勤の先生への恩返しの意味をこめてとのこと。)

  tossの教員採用試験対策セミナー


・ 当日の流れ(2次試験) 

 ⇒午前中:個人面接(約30分)
   ・卒業してから今までどのようなことをしていましたか
   ・保護者からクレームがきたらどうしますか
   ・今お子さんいるのに、どうやって両立しますか
   ・どうして教員を目指したのですか
   ・どうして横浜市を希望したのですか
   ・ピアノは弾けますか
   ・水泳はおよげますか
   ・レベルの差がある子どもたちにどうやって授業しますか
   ・今日はどんなことを考えながら会場にきましたか    など
        ↓
        ↓会場移動:徒歩20分ほど
        ↓
  午後:集団面接&模擬授業
   1.模擬授業には3つのお題が出ました。私は《リズム》をチョイスしました。学年は任意で決められますので1年生にしました。

   2.集団面接は2つの質問がされました。
    1つは《あなたが学級担任になって初日、子どもたちにどのようなあいさつをしますか》でした。


・ 当日の注意ポイント
 ⇒集団面接の回答順に要注意だと思いました。
  黒板向かって右に試験管が2人いらっしゃいました。
  模擬授業は受験番号順にします。(右の列から)
  その後、右に90度向き、試験管と向き合う形になります。
  質問その1は試験管から見て左の列から、質問その2は試験管からみて右の列からになるので、模擬授業の時一番後ろの列の一番右に座っている人が1番に答えることになります。
  「2つ目の質問に入ります。〜〜。ではあなたからお願いします」と、急に、振られます。慌てます。あまりうまく答えられませんでした。(::)


・ 受験生へのメッセージ
 ⇒現場の先生に応援していただけると、全体像が見えて、ずいぶんと楽になりますよ。特に、栄養指導の先生や、保健室の先生など、法律が変わった分野でとても詳しく教えてくださいます。
  学生さんは、ぜひボランティアで学校に入ってください。小論文や、模擬授業対策になりますよ。
  現場の雰囲気も肌で感じて下さい。現場が抱えている課題も見えてきます。
    (採用者側の視点に立つことができる)          
  まずは、その自治体に自分がなじむか(一緒に仕事をしてもいいと思ってもらえるか)確かめてみてください。 

- | permalink | - | -

12'横浜市・中学高校特別選考供国語

・ 受験地・校種・教科
横浜市・中学高校特別選考供国語


・ 情報収集方法         
インターネット、臨任でお世話になっている職場の先生方や管理職の方からの話
                 
・ 学習スケジュール
平日は、臨時任用で高校に務めているので、仕事が終わってから帰り道にあるモスバーガーで毎日少しずつ勉強してました。
土日は部活のある時は学校の静かな職員室で、とくに何もない時は近所の図書館で。


・ ストレス解消法
遊ぶ時は遊ぶ!メリハリをつける!
あとは少ない時間でも毎日やること!通勤時のバスの中なども、無駄にしない!


・ 効果のあった勉強法
ノートにまとめること


・ 願書を書くポイント
いろんな人に見てもらって、とにかく丁寧にかく、違う書き順で書いていると字のバランスも悪くなるので、正しい書き順でかく。


・ 自己PR書を書くポイント
強調したいところは太めのペンにする。
あらかじめ鉛筆でうすく線を引いて罫線にそって書いていく。
これも、いろんな人に何度も見てもらう!


・ オススメ参考書
中学校新学習指導要領の展開国語科編 河野庸介編著 明治図書

論作文完全攻略 共同出版

2013年度版 教員採用試験 面接試験、場面指導の必修テーマ100 実務教育出版

2013年度試験完全対応 教員採用試験 速攻の時事 実務教育出版

・ 1次対策、2次対策
筆記(特別選考なので指導案作成)
いくつかテンプレートを作っておき、時間内に書き上げられるように何度も練習する。
指導案の形も、特に指定はされないので、今、求められている指導案をしっかりと勉強して、特に横浜市は独自の学習指導要領があるので、それをしっかりと勉強すればいいと思います。
あとは、インターネットで調べると様々な研究校の指導案がのっていたり、文科省のホームページにも色々な情報がのっているので、参考にするといいと思います。わたしはどんなテーマでも対応できるスピーチの授業の指導案にしました。どんな授業でも、言語活動はしっかりとやることを意識しました。今年のテーマが、「自主自立、協同の精神を育むことのできる授業」だったので、準備していたものをそのままそっくりあてはめることができました(o^^o)ただ、一つ想定外だったのが、解答用紙が、A3判両面かと思っていたのに、A3判片面だったことです。両面のつもりで準備していたので、字を小さめにして、省けるところを省いて、、、と当日変更したこともありました。定規を忘れると貸してもらえないのでつらいと思います。


論文
論文はテーマがたくさんのっていて、そのテーマに見本の論文とその論文を添削した文がついている、参考書を一冊買って、論文を書くコツやポイント、ダメな例などをしっかりおさえて、何度も書き直しました。
これも誰かに見てもらうのがオススメですが、わたしは見てもらわなかったです( ; ; )見てもらえるまでに完成度の高いものができず、直前にいくつかのパターンを仕上げて、ポイントを抑えていたので、どのような評価をされたかはわかりませんが、自分ではしっかりかけたと思ってます。とにかく、構成に注意して、何がいいたいのかを明確にして、ほどよく自分の体験をおりまぜて、それを根拠に今後につなげられるようにまとめるのが大切かと思います。今、求められている教育を抑えておくことが大切です。


二次対策は、ここの対策講座に一度参加し、いろんな人の模擬授業をみたり、面接練習をしました。とても充実した時間を過ごすことができ、有益な情報を得ることもできました!


模擬授業
模擬授業は対策講座で教えていただいた昔の出題テーマを参考に、いろんなパターンに分けたり、何種類か授業パターンを作ったりしたのですが、
結局今の職場の教頭先生と相談して、一種類にしぼることにしました。笑
わたしは三題だされるテーマのうち、道徳的なテーマにしぼり、なにがきても絵本の読み聞かせを行うための事前指導にしようと決めました。
横浜市は特に今、小中連携に力をいれているのでそこもポイントとして、中1が小1に絵本を読み聞かせる合同授業が後日に迫った事前学習を考えました。台本をつくり、ほとんどの動きを決めて、その授業で何をやりたいのか、どんな力を伸ばしたいのか、前時までの復習と本時の見通しをたてさせる、ということをポイントにおき、導入の五分間をやりました。
五分間しかないので、やはり導入が一番やりやすいと思います。
生徒役の人になるべく考えさせたり活動させること、教師役がずーっと話し続けないこと、が大切です。


幸いテーマが
よりよく生きる、熟語、枕草子


だったので、よりよく生きるを選び、百万回生きた猫の絵本を読む想定で授業を行いました。考えていた通りのことができたのではと思います。


集団面接
特に何も対策してません( ; ; )
模擬授業について聞かれたら何を目的にしていたかなど、しっかり答えられるようにしておくことが大切かと思います。


個人面接
面接ノートをつくっていくつも問答を書いておきました。あとは、前任の職場の先生に何度か練習していただきました。とにかく誰かに練習してもらって客観的にアドバイスをもらう!


場面指導
場面指導も、過去問を参考にいくつかのパターンを考えておきました。あとは、実践練習あるのみです。
個人面接と同じく前任校の職場の先生にみていただきました。とても恥ずかしいですが、やるしかないです。
生徒と目線を合わせるのが大切なので、もし、生徒が座っていたりしゃがんでいるようならこちらも腰を落とす。立っているのならそのままで。
心に寄り添った指導を心がけました。



・ 当日の流れ          
二次試験の当日の流れ
特別選考枠だったので、集合は三時ころでした。
関内にある朝日会館です。
待合室には集合時間の20分前ほどからしか入れません。
待合室にいたのは、16人。
二つのグループに別れて、個人面接、場面指導を先にやるグループと、模擬授業、集団面接を先にやるグループになります。
わたしは模擬授業からでした。別室に移動。その際、貴重品以外は持ち込めないです。机の上にアルファベットの札がおいてあり、授業中はAさん、Bさんと呼びます。紙と鉛筆があり、軽く説明を聞いたあと、発表順を割り箸を引いて決めます。
わたしは八人中七番目でした。
その後テーマが三題発表され、三分くらい構想のじかんでした。メモをしてよくて、そのメモは発表時見ることも可能です。
順番に授業を五分間でやって行くのですが、タイマーは手元にあり自分で操作するので時間をみながらできます。
行う前に、受験区分や名前とテーマなどを面接官の方に向かって告げるのですが!わたしはその時、思い切ってどんな授業を行うか、事前に設定を手短に説明しました。ほかにそんなことしている人はいませんでしたが、そのほうが、生徒役も採点する方もすんなり入れると思ったので。
自分の時間はとにかく緊張しましたが、大きな声で笑顔を絶やさずに、やることだけを考えていました。あとは準備してきたことをしっかりだしきる!
みんなの模擬授業が終わったら、そのまま横を向いて、集団面接です。
もうこの時点でぐったり。頭が回りません。質問はふたつでした。
・地域の人との関わり方で大切なことはなんですか
・保護者の方に信頼される教師になるために大切なことはなんですか
こんなかんじ。答える順番は前からと後ろから。
わたしはどっちも真ん中あたりでしたが、とにかく、みんな同じようなことをのべるので、今までの人の意見は尊重し、自分の考えを述べることをする。ちなみにわたしは、全然うまくしゃべれませんでした( ; ; )


そのご、個人面接です。面接官は二人。雰囲気のいいおじさん二人でした。ニコニコしていてリラックスできました。
聞かれたことは忘れてしまいました。ごめんなさい( ; ; )
でも、面接カードを参考に聞かれたような気がします。最後の場面指導は、


中学二年の担任をしているクラスの男子生徒八人くらいで、ボール遊びが禁止の中庭でボール遊びをしていたので注意をしたところ、三年生だってやってたじゃん!と言い返してきました。あなたならどう指導しますか?


というものでした。ややこし!
おもわず、間違えてきまいました。
はじめの第一声、ボールあそびしちゃだめだよー!と言ってしまい、間違えました、、、、( ; ; )と言ったら、面接官の方がとてもやさしくて、もう一度はじめからどうぞ。と言ってくれました。しかも、その時には面接官の方が、二年生のセリフ、三年生だってやってたじゃん!と言ってくれました。笑
結局二分間もたず、自己完結し、終わりました。と言い、終了です。


なんとも、すっきりしない一日でしたが、とてもわるかったと言えるものではなく、発表を見るまでは心配でしたが、しっかりと対策をすれば大丈夫なんだと感じました。
終了時刻は六時頃。ぐったりです。
          
以上です。参考になるのかわかりませんが、、、、
絶対に受かるぞ!という信念を持ち続け、頑張ることが大切です。
わたしは、あえて周りに絶対に受かります!って大口たたいておきました。その方が追い込めるし、くじけそうになった時に、そのことがひっかかります。がんばるしかないという気持ちになります。笑


目標に向かって頑張ってください(o^^o)
- | permalink | - | -

11’神奈川高校英語

模擬授業

A〜Jまでの10人一組
一人10分で、10人連続で模擬授業を行う
その他の受験生は生徒役をする

最初に受験区分・受験番号・名前を言う(ここから時計スタート)
プリント配布は、生徒役の受験生には配布できるが面接官には配布出来ない

10分経つと強制終了
配布したプリントは回収する

全員が終わると10分休憩


集団討論

最初に一人1分ずつ、自分の模擬授業を振り返るコメントをする
(1分経つと話している途中でも強制終了)

その後、集団討論開始。
司会は特に決めず、各自自由に発言する



面接質問

面接官は3人。司会者一人、メインの面接官、サブの面接官という感じ。

部屋に入って着席すると、
司: 待っている間、どんなことを考えていますか?

面接開始

面接官1より質問
・教員を目指したきっかけ
・影響を受けた先生
・最近の教師の不祥事について
・神奈川県の教員を志望した理由
・観点別評価から、今日の模擬授業を振り返って
・現在の仕事内容について

面接官2より質問
・同僚の教員と意見が食い違った場合、どうするか
・管理職から指導方法について言われたらどうするか
・保護者からのクレームにどう対応するか
・生活指導についてはどう考えているか

以上で面接終了


最後に、司会者より

・神奈川以外にも受験しているか
(この質問は合否には関係ないとのこと)


以上です。面接官の方はにこやかに笑いながら話を聞いてくれ、
その他の二人も頷きながらメモをしてくれていました。



実技試験(英語)

部屋に入ると、受験番号・名前・生年月日を言うよう指示
面接官は全部で3人、おそらく3人とも日本人

クラスルームイングリッシュを英語に直す
日本語で言われた内容を、クラスルームイングリッシュとして生徒に話すように言う

例として面接官同士でやり取りを一度見せてくれる

5問ほど出題
・プリントを前まで回して下さい、等

その後は英語での面接、質問も英語で英語で答える
・この面接のために、どんな準備をしてきましたか?
・「読む」「書く」「聞く」「話す」のうち、最も重点的に学習すべきなのはどれだと思いますか?
・教科書の英語は実用的ではない、という意見についてあなたはどう思いますか?
・あなたが最も効果的だと考えるペアワークはどのようなものですか?
・英語を英語で教えるとき、最も難しいことは何だと思いますか?
・もし生徒が「英会話はいいから受験対策をやってください」と言ったら、あなたは何と答えますか?


振り返って

・点数開示をしたのですが、面接は自分では割りと出来たと思っていましたが
実際にはあまり点は高くなく、逆に自分ではあまり出来なかったと思っていた
実技試験が高得点でした。

・英語に関しては、面接か実技のどちらかが出来れば合格点はクリア出来るのではと
思うので頑張ってください。

・教員ドットコムの勉強会はとてもためになりました。模擬授業の練習を出来る機会は
あまりないと思うので、とても貴重な体験でした。ありがとうございました。
- | permalink | - | -

11’横浜市小学校

平成23年度横浜市教員採用試験を受験しての体験談

〈受験地〉横浜市
〈校種〉小学校
〈当日の流れ〉

・大学の推薦で受験したために一次試験は免除で、一次試験の日程に小論文のみ受験。

・二次試験
受験会場につき教室に移動。
教室につき次第、個人表・切手を貼った封筒(結果通知用)を提出。
一日の流れを説明される。
私のグループのタイムスケジュールは、

G組
1限14:15〜15:45 個人面接 
2限16;25〜17:50 集団面接・模擬授業
個人面接は上記の時間内で一人当たり25分、模擬授業・集団面接は1グループあたり75分で行いました。

1限と2限では会場が異なり、移動します。私は歩いて10分くらいかかりました。


個人面接は、年配の男性と中年の女性が面接官。
順番に質問される。
実際現場に出たらこんな問題がおきるけどどうする?といった具体的な質問が多かった。
やや圧迫なイメージがあった。
そして最後には1分で場面指導があった。

順番が終わるとほかの人がおわるまで待つので時間が空く。


集団授業はA~Gの書かれたくじを順番にひき発表順を決める。
紙と鉛筆を与えられ指導案を考えて、発表。生徒役と教師役で進める。
今回のテーマは「公共施設」「勇気」「つなぎ言葉」だった。周りのフォローも評価されているようだった。

集団面接は3人の試験管から順番に質問される。
保護者対応について、気になる子について聞かれた。

最終的に私のグループは7人中2人が合格していた。

〈対策〉

横浜市・川崎市をピックアップして載せている教材を使用。小論文は過去の先輩方の書いたものを読み、考え方を参考にする程度に使用。

二次については教員ドットコムの2次対策と大学の教授に面接の練習をしてもらったのみ。

      
横浜市は新卒を1割しかとらないといった情報があるが結果をみてやはり新卒は厳しいと感じた。
合格発表が10月中旬と期間が長い。

私はあと4点で不合格でしたが、受験して本当によかったと思っています。面接で大人の人の前で話すのが苦手で泣いてしまっていましたが、いざ本番になるとしっかり話す自分がして、自分に自信が持てました。来年受ける方が1人でも多く合格できますように祈っています。

- | permalink | - | -

11’埼玉県中学数学

●受験地・校種・教科
埼玉県・中学校・数学

●情報収集方法
大学の就職課で資料を探していました。
教員養成系の大学なので各都道府県の教員採用の情報がとても充実していました。
お近くの教員養成系の大学の学生サービス課に足を運んでみるてはいかがでしょうか。

●学習スケジュール
立てていません。
今思えば、しっかり立てておいたほうがモチベーションを保てた気がします。
私はだいぶ中だるみした勉強をしていました。反省です。


●勉強法
一次試験に関してはとても言いにくいのですが、大学院生だったので研究が忙しくほとんど勉強しませんでした。幸い大学推薦を頂けたので、一次免除となり救われました。

私が主に勉強したのは二次試験の内容です。
埼玉県の二次は、論文、数学の指導案作成、数学の模擬授業、個人面接(道徳の模擬授業5分間を含む)、集団討論です。

]席犬砲弔い
3月に大学で開かれた論文の書き方の講習を受講しました。このような講座は一度は受けた方がいいです。
大学で開催していなくても東京アカデミーなどでやっていると思います。
練習法は1つの論文を先生にA判定をもらえるまで何度も書き、添削してもらいます。
一度A判定をもらえたら、あとはその構成を真似ながら様々なテーマの論文を書きました。
幸い私の母も教師だったので書いた論文を添削してもらっていました。書いた論文は身近な人に見てもらい、指摘された部分を直して完璧な論文にするということを繰り返すうちにかなり上達します。

⊃学の指導案作成
試験の3週間前から1日3個、1回40分で指導案を作る練習をしました。
これは短時間で指導案を作ることに慣れれば特に問題はないと思います。
過去問から埼玉県は代数分野が頻出と考え重点的に勉強していました。

L狼室業
自信があったのでほとんど練習しませんでした。
ただ、教育実習の時はかなり努力しました。
1つの授業をするために、指導案を自分が納得いくまで(だいたい3回くらい)改訂し、板書を細かに計画し、授業前までに3回以上声に出して授業の練習をしていました。(ノートを板書に見立て、授業をするのと全く同じように練習します。)
3回以上練習すると板書計画も全て暗記できます。なので本番は何も見ずに授業することができました。
これを大学3年、4年の実習、計24回の授業全てで行ったので、最後の研究授業ではほとんど何も直されることはなくなりました。
私は、「教育実習生であろうと生徒にとっては大切な授業なのだから授業を成功させるためなら何でもやってやる!」という信念を貫き通し、やれることは全部やっていました。
ただでさえ大変な実習期間ですので、中にはどれだけ楽に乗り切るか考えている人もいますが、どうせ忙しいなら徹底的に忙しくした方が自分のためになります。
教育実習ほど、模擬授業の練習をできる機会はありません。実習をまだ経験していない方にはお勧めです。
また他の人の授業を見ることもとっても勉強になります。自分が授業をやるとしたらどうするか考えながら1日中空きコマができないほど授業を参観しに行っていました。
自分の教科の授業からは、教え方のヒントを得られることもあります。また、関係ない教科でも、授業の雰囲気作りを学ぶことができます。
私は授業において雰囲気作りはとても重要であると考えています。生徒が先生の話を聞こうと思える授業が大切ではないかということです。そのために私は「笑顔、大きな声で話す、生徒の反応を大切にする」の3つを常に心がけてます。これはかなりお勧めです。

じ朕楊明棔米仔舛量狼室業)
道徳の模擬授業は、4領域24テーマから1つ出題され、自分の経験や、過去の事例を基に授業の導入か終末を自由に選び、行います。
どれが出てもいいように全てのテーマに自分の経験に基づく授業の構想を立てておきました。しかし、予想以上にしつこく今後の展開や発問をどうするか質問されたのでもっと準備しておけばよかったと思いました。

個人面接の対策は1月くらいから行いました。これも学校で行われている講座を受講して行いました。
基本は就活と同じ要領だと思うので就活の面接対策講座なんかを受講してもいいと思います。
話す内容に必要なものは自分の考えの軸だと思います。「なぜ教師になりたいのか」「どんな教師を目指すのか」「どのような生徒を育てたいのか」などこれらの質問は「教師観」と呼ばれるものですが、少なくともこれははっきりさせておく必要があります。

あと私は自分なりに教科の魅力が説明できることも必要だと思います。これはなぜその教科を学ばなければいけないかという質問の答えにもつながると思います。
人それぞれで良いと思っていますが、私は、数学はものごとを筋道立てて考えることで問題を解決することができるところが魅力であると答えました。それを生徒に習得させるための具体策もいくつか用意しておきました。
面接前はいろいろ考えてしまいますが、本番は「笑顔で元気に爽やかに」だけを考えて臨みました。


ソ乎墜は
これは、こなした回数がものをいうと思います。私は合計20回以上練習しました。友人同士で集まって自主練もしました。
人の意見を否定しないなどとよく言われているので、人の意見をそのまま受け入れてしまう人が多いように思います。
私自身もはじめはそうだったのですが、自分が納得できないことは、なぜそのように考えるのかはっきり聞いていいと思います。そうでないと上辺だけの意見交流会と評されてしまいます。その人の意見と根拠を聞いても納得できないこともありますが、相手の意見がもっともであることを伝えた上で、デメリットを上げ、代替案を提案するようにしていました。
例えばテーマが、「学力向上」だったとします。
この時に「理解が遅めの生徒には放課後を利用して補講をする」という意見が出たとします。それに対して「○○さんのおっしゃるとおり、個人によって到達度は違うので、個に応じた対応が必要だと思います。しかし私は、放課後では部活動などもあり、現実的に時間をとるのが難しいと考えるので、朝、授業が始まる前に補講を行うというのはいかがでしょうか」というように返すということです。
後は、よく言われている通り全員で合格する気持ちを持つことが大切です。


●自己PRのポイント
埼玉は自己PRを書くところがないので、私が面接で1分間の自己PRを話したことについて書きます。
ポイントというほどではありませんが、最初に自分の長所、強みが何か言い、次にそれを立証できるエピソードを話します。そして最後にそれを教師としてどのように生かすか話しました。エピソードは大学時代のものがいいかなと思います。(中高だと昔すぎるかと考えました。)

以下は私の自己PRで話した内容です。
「私は向上心を持っています。私は大学時代4年間弓道部に所属し、試合に出場することを目指して日々練習に励んでいました。しかし、大学2年の時に同期の友人が皆、試合に出場する中、私ひとり出場することができないという経験をしました。私はとても悔しくて、来年こそはと心に誓い、オフシーズンに誰よりも多い練習量をこなし、同時に自分には何が足りないのか、本を読んだり、自分のフォームをビデオで撮影し、研究することで改善に努めました。その結果、3年生の時には全ての試合に出場し、チームに貢献することができました。粘り強くものごとに取り組む姿勢は誰にも負けません。教師として、生徒が数学を楽しいと感じられる授業作りと、生徒一人一人の個性にあった指導を追及していきたいです。」

●オススメ参考書
「教員採用試験 速攻の時事」
教育時事がわかりやすくまとめられていてとてもいい本だと思います。私は2回くらいしか読めませんでしたが、覚えるくらい読みこんでいいと思います。これはお勧めです。
「教員養成セミナー」
他の人の論文が載っていたり、筆記対策の冊子が入っていたりしたのでなかなか使えました。あと他の人の勉強状況が載っていたりするのでモチベーションを維持するのに良いと思います。


●当日の流れ
2次試験しか受験していないので2次試験について書きます。
1日目
8時20分〜 受付開始
9時〜10時 論文試験
10時半〜 受験番号の早い人から順次、実技試験(指導案作成と模擬授業と口頭試問)
私は、受験番号が最後の方だったので、指導案作成、模擬授業をしたのは17時くらいでした。待ち時間の間は、過去問から聞かれることを想定してどう答えるか考えたり、学習指導要領を読んだりしていました。

2日目
9時〜 個人面接、集団討論(受験番号によって順番は異なる)
個人面接が終わってから、集団討論が始まるまで、集団討論をする予定のメンバーと話していました。このような交流はしておいた方が、討論をスムーズに進めやすいです。周りには集団討論の作戦を立てていた人もいたようですが、テーマもわからない状況で作戦も何もないと思いますし、逆に本番自分のペースで進められなくなったりするのでやめたほうがいいと思います。


●ふりかえり
今思うと全体的に教職の知識に関することをもっと勉強したほうがよかったと思います。個人面接で、教育法規に関することを口頭試問みたいに聞かれましたが、ほとんど答えられなくてふがいなかったです。個人面接では、緊張しすぎて練習の成果を発揮できず、絶対だめだと落ち込みましたが、1ヶ月後の発表で合格していることを知ったときは本当に嬉しかったです。埼玉県で働いている先輩に話しを聞いたり、恩師に話しを聞いたり、たくさんの人に協力してもらうことで乗り越えることができた試験でした。本当にみなさんに感謝です。

●受験生へのメッセージ
教採の勉強をしていると嫌なことがたくさんあります。私は面接練習をしているとき、ぼろぼろにされて、号泣したこともありました。論文や面接が上手い人と比較されて悔しい思いもたくさんしました。教採と研究の両立が上手くできず、教授からも怒られました。それでも乗り換えられたのは「教師になりたい気持ちだけは絶対誰にも負けない」という気持ちを持っていたからです。強い気持ちを持って、乗り越えてください!そして後で振り返ったときに私のように、もっとできたかもと思わないように、後悔しないように、頑張ってください!
- | permalink | - | -

10’埼玉県中学国語

1日目
]席
テーマ「現在の子供たちは自己肯定感の低い子供たちが多い。子供たちの自己肯定感を高めるために、あなたは教師としてどのように実践していくか。」

といった内容でした。昨年度の傾向とは違っていて、受験者が焦っていた雰囲気が伝わってきました。「自己肯定感」は、「生きる力と絆の埼玉教育プラン」という教育施策のパンフレット?冊子?のようなものにまえがきで載っていたので、やはり、教育施策の背景をきちんとまとめておくことが大切だと思いました。

¬狼室業
20分?30分?で指導案をつくって、そのあと15分で授業。
テーマは、今年は「詩」でした。
4つぐらい詩があり、自分で好きな詩を選んで、指導案をつくりました。
指導案は、時間がないのでパターンを決めておくことが大切だと思います。
実際に私も時間がなく、授業をしながら誤字を発見してしまいましたが、大丈夫でした。指導案づくりよりも、授業力を見ているのではないでしょうか?


2日目
―乎墜は
テーマ「いじめを根絶するためにはどうすればいいか」
私たちのグループは4人でしたが、ほとんどのグループが5人でした。時間は、4人グループの場合は、12分、5人グループの場合は15分だったと思います。
試験官に「ある程度の方向性を見出してください」といわれましたが、私たちのグループは全員が経験者ということもあり、「自分たちの学校の実践自慢」を話し始めてしまい、めちゃくちゃでした。私は、たいいしたことは発言していませんでしたが、軌道修正をしていたのが、良かったのではないかな?と思います。やはり見られているのは協調性でした。

道徳の模擬授業(5分)+個人面接(20分くらい?)
 面接時間の5分くらい前に、道徳の模擬授業のテーマが与えられて、すぐ準備をして個人面接に臨むといった形式でした。
私は、去年、道徳の模擬授業で失敗をしたので、今年は、道徳のすべての価値に対して話すネタを考えていきました。埼玉県独自の道徳教材「自分を見つめて」という資料と副教材「かけがえのないきみだから」を読み込み、このテーマならこの教材を使う!と決めていきました。
おかげで本番は、焦らずに、自分としては完ぺきな模擬授業ができました。
面接官が3人いたのですが、全員の方から「とても良い模擬授業でしたね」とおほめの言葉をいただきました。
 道徳に関してはかなりつっこまれるので、きちんと勉強しておくことが大切だと思います。「あなたはこの授業をどのような時にやりたい?」「道徳をするうえで大切なことは?」とか聞かれました。難しい質問もされましたが、忘れてしまいました。

個人面接は圧迫の人が必ずいると聞いていますが、去年も今年もいませんでした。ただ3人いるなかの一人が、質問攻撃をしてきました。
「人権教育の目標は?」
「学習指導要領について何が変わったか教えて。」
「小学校の学習指導要領は?」
「言語活動の充実とは?」
といった、どれだけ勉強しているかを試す質問を連続でしてきました。
中には難しい質問もあってわからないものもあったので、その時は素直にわかりませんと言いました。


勉強会に参加したことで、要点を押さえた勉強ができました。そして何より教師になるために頑張っている人がこんなにいるんだと勇気づけられました。
本当にありがとうございました。


最後に、Sさん!やっと合格できました。大学生のころからいろいろと面倒を見てくださってありがとうございました。
これから今以上に努力して、良い先生になります。
- | permalink | - | -

10’東京都小学校

集団面接

「あなたちの学級で子供が指示を聞かない状態になっています。あなたたちは同じ学年の学級担任です、担任としてどのような指導をしますか?」
「またあなたたちは同じ学年の学級担任としてどのように指導をしますか?」

文章は少し違いますが内容はこのような感じでした。

去年と違うのは、まず控え室で同じグループの人がわかり話をできるようになったことと、机をくっつけて話をしやすくすることができなくなったことです。

個人面接

・教員の志望動機
・理想の教師像
・小学校の教員となるために努力をしていること

面接表から
・あなたは非常勤としていろいろな経験をしていますが、苦労したことはどんなことですか?
・指導をした中で成果があがったと感じたときはどんなときですか?
・そのときどのような工夫をしましたか?

指導計画から
・指導をする前にどんな準備をしますか?
・割り算は子供たちの間で差がつきやすいところですが、あなたこの指導計画の中でどこが一番差がつきやすいと思いますか?
 また、差がつかないようにするためにどのような工夫をしますか?

場面指導
・保護者から算数とか国語とかの勉強はさせなくてもよいから、とにかく遊ばせてくれと言われました。そのときどう対応しますか?

大体このような感じの質問内容でした。
今年から圧迫面接が禁止となったようで誰に聞いても圧迫はなかったとの話でした。
ピース | permalink | comments(0) | -

08'神奈川県英語

教員採用試験二次に関する対策 神奈川・高校
〜(2008年・夏)の例から〜

合格者の授業
・熱意があり、授業の準備が万全である。
・生徒が答えられたら褒めるなど、生徒のことをよく考えながら授業を行っている。目線が一人ひとりに注がれている。
・生徒が活動する(何か書いたり・発言したり・考えたり・隣の人と意見を交換したり)する時間がある。
・(教科によっては黒板に貼る紙や、道具を用いるなど、印象に残る授業を行う。)

合格者の態度
・話し方に覇気があり、落ち着いているため、聞いていて安心できる。
・生徒に活動させる授業を行う場合は、机間巡視をする等、生徒の様子をよく見ている。
・明るい表情、態度で、元気がある。生徒への愛情が伝わってくる。
・身振り手振りがあり、聞き手を引き込む話し方をする。
・姿勢がよい。

合格者の生徒役
・他の方が授業を行っている時は頷いたり、メモを取ったり、積極的に授業に参加している。


不合格者の授業
・塾の授業。板書の計画がされておらず、流れが整理されていない。
・独り言、講義のような授業。生徒は聞いているだけ。
・言葉使いが雑。

不合格者の態度
・声が小さく、早口で聞き取りにくい。恥ずかしがる。
・生徒の方を見ていない。
・(また、立ち方がシャキッとしていないと誠意がないように見えます。)

不合格者の生徒役
・協力的でない、消極的である。


☆デジカメなどで自分が授業をしている様子を録画すると(結構恥ずかしいですけど)、改善点が沢山見えてきて大変勉強になります。


☆面接に関して…
ある程度は言うことを整理しておいた方が良いです。しかし、準備しておいた分だけでは対応出来ないようなつっこまれ方をされると思うので、その時はあせらず、自分の言葉でゆっくりでも真剣に絞り出す姿を面接官に見せて下さい。とにかく笑顔を忘れずに元気に自信を持って模擬授業を行うことと、神奈川の(横浜、川崎の)教師になりたいんです!!!!!と言う熱意を思い切りアピールすると印象に残ると思います。



英語面接に関して…
〜高校英語2008年の例〜
変更もあるかもしれませんが、参考まで。
 
・ 面接官3人(ネイティブ1人、日本人2人)

.優ぅ謄ブの先生が簡単だが少し長めの英文を2回読むので、それを聞き終わった後に繰り返す。5問。

日本人が英語で質問するので英語で答える。5問程度だったような気がします。ずみませんが、全部は覚えていません(涙)
 ・やる気のない生徒たちへの対応
 ・小学校英語活動に関してどう思うか
 ・高校時代一番嬉しかった思い出 

…など、日本語の面接の時に準備しておいた返答を、英語で言えるようにしておけばあまり問題ないと思います。 自信を持って、はきはきと答え、身振り手振りを入れてコミュニケーションをとろうとしている姿を面接官に見せるのが良いかと思います。
また、,亡悗靴討蓮∋邯各当日までCDやラジオ、ネットなどを活用して、リピートの練習をしておくと良いと思います。


ちなみに高校英語の模擬授業に関してですが、合格者の人は何かしらアクティビティーの様な、短時間で生徒全員が参加出来る様な時間を設けていました。ただ単語を書いた紙を黒板に貼るだけではなく、さらに何かしらの工夫が必要だと感じました。

また、短い時間ですので、よく考えると内容が中学レベルのものになりがちだと思います。あくまでも、高校生を対象にした授業であることを年頭に置かれた上で、行われた方が良いかと思います。

- | permalink | comments(0) | -

08’横浜市算数

0. 受験区分
中学校・数学、特別選考3(社会人枠)

1. 一次試験

1.1 日時:7月6日(日)

1.2 時間割:
09:00−10:00 指導案作成(一般選考は一般教養+教職専門試験)
10:00−10:40 休憩
10:40−11:40 論文試験A(一般選考は教科専門試験)
11:40−12:20 休憩
12:20−13:05 論文試験B
(二次試験として実施。一次試験合格者のみ採点)

1.3 論文・学習指導案のテーマ
横浜市教育委員会のホームページに掲載されます。

1.4 結果の通知
7月31日発送。ホームページには31日午後に掲載。

1.5 感想など:

1.5.1 学習指導案(60分)
- A4縦・横書きの解答用紙にあらかじめ記入項目と回答スペースが記載されて
います。
- 若干記憶が曖昧ですが、表面には単元名、単元・本時の目標、生徒感、指導計
画などを記載するようになっていました。
- 裏面に大きなスペースがあって、そこには本時の展開を記述します。通常は指
導内容、指導時間、評価方法、評価基準、予想される学習者の反応などを記述す
ることになると思いますが、どの項目を記述せよという細かい指定はなく、かつ
、スペースに限りもあるので、全てを網羅することは困難かと思います。自分で
記入項目を決め、定規を使って自分で枠を作り、そこに記入していくことになり
ます。ネット上に記入例がたくさんあるので、これらを参考にして、あらかじめ
自分のパターンを決めておくと良いと思います。
- 論文同様、与えられた時間が短いので、最初に構想を練ったら一気に書き上げ
る位の勢いが必要かと思います。

1.5.2 一次論文(1,200文字/60分)
- A4縦の原稿用紙に横書きで記述します。30文字×40行(40文字×30
行だったかも知れません)。
- 問題用紙に余白部分があるので、そこを使って構想を練ると良いです。
- 思った以上に時間がないので、最初の10分で構想を練って、30分で書き上
げ、10分で推敲し、残りの10分は予備としてとっておくという位の時間配分
が良いと思います。
- 対策としては、市販の論文対策書籍を3冊購入しました。どの本も、実際に原
稿用紙を使って書いてみることが大切! と言っていますが、私の場合その時間が
なかったので、頻出問題に対する自分の考えをまとめる上での参考書として活用
しました。通勤電車の中で眺めて、思い浮かんだ事をメモしましたが、このメモ
は面接にも役に立ったと思っています。
- 周囲の人は原稿用紙に目一杯書いている人も居れば、半分くらいしか埋めてい
ない人もいるようでした。
- 試験官の方は現職の教員が2名。受験者に気遣い、緊張をほぐすような発言を
されていました。

1.5.3 二次論文(800文字/45分)
- A4縦の原稿用紙に横書きで記述します。一次論文の解答用紙よりも1マスが
大きくなっていました。
- 一次論文と同様に問題用紙に余白部分があるので、そこを使って構想を練ると
良いと思います。
- 文字数に限りがあり時間も短い、かつ、最後の問題で疲労もあったため、一次
論文よりも辛かった記憶があります。
- 当初教室には30名程度の受験者がいましたが、二次論文の前に3名が棄権し
たようでした。

1.5.4 その他
- 試験会場はみなと総合高校でした。上履きに履き替える必要が無く、冷房完備
だったので快適でした。
- 30分前に試験会場に到着しましたが、既に多くの方が参考書を手に待ってい
ました。
- 服装はスーツ70%、私服30%程度だったと思いますが、スーツを着ている
必然性は全く無いので、楽な格好で良いと思います。私もジーンズにポロシャツ
でした。
- 開場後、指定された教室に向かいますが、そこでも十分な待ち時間があります
ので、試験会場への到着は10分前でOKだったと思っています。
当日は京急線に遅れがでていたため、試験時間が40分ほど繰り下げられました
。二次論文の頃にはお腹も空きましたが、何かを食べている人は皆無でした。
飲料水は持参した方が良いと思います。


2. 二次試験
2.1 日時:8月xx日

2.2 時間割:
12:40−13:10 個人面接+ロールプレイ
14:00−15:10 模擬授業+集団面接
*時間割は人によって異なります。詳細は当日ホワイトボードに書かれています


2.3 感想など:

2.3.1 個人面接
- 個人面接+ロールプレイで合計30分。
- 面接官は2名。部屋はごく普通の面接レイアウトです。
- 難しい質問もありましたが、終始和やかな面接で、圧迫は一切ありませんでし
た。
- 質問されたことを以下に列記します。
- 試験会場までどうやって来ましたか? 何分くらいかかりましたか? (緊張
をほぐす質問)
- 何ゆえ教員を志望しましたか?
- 大学4年生の時に教員を選択しなかった理由は?
- 何ゆえ、今、転職しようと考えましたか?
- 転職することによるデメリットはありませんか?
- 勤めている民間企業ではどんなことをしていますか?
- 社会人としての、どのような経験が教育の現場に生かせると思いますか?
- 逆にマイナスとなる要素はありますか?
- 高等学校を第一志望としている理由を教えてください。
- 教育実習はどこでやりましたか?
- 教育実習を受けてからかなりの年数が経っていますが、当時の中学生と今の
中学生にはどのような相違点があると思いますか?
- いじめ問題における学校教育・家庭教育の責任は?
- いじめを防止するために何をしますか?
- 生徒と付き合っていく上で、一番大切なことは何だと思いますか?
- 今どきの生徒を相手にうまくやっていく自信はありますか?

2.3.2 ロールプレイ
- 個人面接の最後の3分で実施。課題を与えられ、1分間で考え、2分間で演じ
るというものでした。
- 与えられた場面は以下の通りです。
“朝の学活の時間に、ある生徒が裸足でいるのを見つけました。わけを聞いたら
、「下駄箱に自分の上履きがなかった」 と言っています。”
- 受験案内にロールプレイという項目がなかったので、今年は実施しないものと
思っていたのですが、例年通り行われました。

2.3.3 模擬授業
- 12名が一室に集められます。座席は指定席でした。
- 番号を記した棒を引いて、模擬授業の順番を決めます。(試験官は横浜名物と
言っていました)
- 次に3つの課題が発表されます。私のグループは『一次方程式』、『多角形の
内角の和』、『社会貢献』 の3つ。
- 次に3分間(?)の準備時間が与えられます。
- 机の上に紙と鉛筆が用意されていて、メモしたものを発表時に参照することも
可能でした。メモは退室時に回収されます。
- 教室の前には机が置いてあり、そこにメモを置いて、模擬授業中に参照するこ
とも可能です。
- 黒板ではなく、ホワイトボードでした。黒・青・赤の3色が用意されています

- 通常の学校の教室と同様に、先生がホワイトボードの前に立ち、生徒が横5人
、縦3人に並んで座るというレイアウトです。
- 試験官は3人で、教室の廊下に沿う形で横一列に並んで座っていました。
誰かが先生役を演じている時、残りの人は生徒役となります。
発表時間は3分30秒。最初に、選んだテーマ・学年・教科を宣言して、自分で
タイマーのボタンを押して始めます。タイマーが鳴ったら、話の途中であっても
打ち切りとなります。
- 3つのテーマはほぼ均等に選ばれていました。
私は一次方程式を選びました。話の途中でタイマーが鳴り、その時点で打ち切り
となりましたが、そのこと自体は全く問題にならないようです。
かなり大きな部屋だったので、最初の第一声で大きな声を出すと良いと思います

- 授業の内容そのものというよりは、話し方や、板書、生徒とのコミュニケーシ
ョンのとり方を見ているようでした。
- 生徒役の時に、自分の発表内容をこっそり考えることもできますが、生徒役の
時の態度も見ているようなので、できるだけ生徒役に集中した方が良いと思いま
す。
- 8月4日(月)の2次対策勉強会に参加した際に、『出題テーマをいくつか想
定して、自分のパターンを持っておくと良い』 とのアドバイスがありましたが、
全くその通りだと思います。

2.3.4 集団面接
- 全員の模擬授業が終わった後に、続けて始まります。
- 椅子の向きを左に90度回転し、試験官に正対する形で行われます。
- 時間は15分程度だったと記憶しています。
- 初めに、『簡潔に答えるように』 と指示されました。
- 質問項目は以下の通りです。
- 何ゆえ横浜市を受験しましたか?
- いじめ問題をなくすために大切なことは何ですか?
- あと2問ありましたが失念しました。
- ひとつの項目について、全員が何らかの回答をします。回答の順序は都度試験
官が指示します。従って、討論という形式ではありません。
- 質問された項目を良く覚えておかないと、他の人が答えている間に、何であっ
たかを忘れてしまいます。的外れな回答をしないように、質問項目をメモしてお
くと良いと思います。

2.3.5 その他
- 受験番号によって時間割が変わります。ある人は最初に集団面接+模擬授業、
次に個人面接+ロールプレイですが、私の場合は最初に個人面接+ロールプレイ
、次に集団面接+模擬授業でした。
- 服装は当然ながら全員スーツ・ネクタイ着用です。
- 8月4日(月)の2次対策勉強会が大いに役立ったことは言うまでもありませ
ん。心から感謝しています。
社会人枠 | permalink | comments(120) | -

08’横浜市

模擬授業の対策ですが、学習指導案を作成して・・と言う流れではないので、(課題も当日言われます)
ただ、課題が、抽象的(自然災害・あいさつ・スポーツ・キャリア教育)などなので過去の課題をチェックして、この題材が出たら、何の教科とどの学年に結びつけるかをあらかじめ考えておくことをお勧めします。
あらかじめ課題が決まってなく、当日言われるので過去問でどんなテーマが出題されているかをチェックし、自分なりにどの教科のどの学年に設定しておくことが大事です。

考える時間は3分間、模擬授業は3分半なのであっという間に終ってしまいます。
児童との関係(他の受験生が児童役を行います)になので、他の受験生(児童役の)を積極的に活用することが重要化と思います。



次に、ロープレですが、個人面談のなかで役2分間くらい行います。
課題も、当日いわれます。場面指導が中心です。

例として
席替えをしたが、ある児童が自分の席に不満を持ち、ふてくされている。あなたなら、どう対応するか。

私の今年のテーマは「茶髪とピアスをしてきた女子児童が、他のクラスメートにいじめられていた。それに気付いたあなたは、どう対処しますか

ロープレは完全な「一人芝居」です。まずは恥ずかしがらないことだと思います。
とはいえ、今年小学生で「茶髪」「ピアス」は想定外でした。
(中学は過去出題があります)

何とか、こなしてきましたが、正直自信がありません。面接官の判断次第だと思います。


認定試験の質問についてはありませんでした。ただ、認定自体は、横浜市の場合、かなり試験官にも知れ渡っていいるからだと思います。
ゆうちゃん | permalink | comments(0) | -
PROFILE